個人事業主を法人化することのメリット

インターネットやIT関連で個人事業主の形態で事業を行っている人は事業の法人化を考えてみてはいかがでしょうか。

個人事業主の法人化は多くのメリットがあります。個人よりも法人のほうが社会的信頼度が高いとされているため、取引先として、法人でなければ受け付けてくれない企業がまだまだあります。インターネット関連の個人事業主が増え、高い技術や実績がある個人も増えていますが、形態としての法人にこだわる企業があるのも事実です。事業の拡大に取引先の拡大は直結する事項ですから、ここが広がるメリットは大きいでしょう。また、銀行などからの資金の借り入れについても、個人よりも法人のほうが同じ事業内容でも借りやすいとされています。資金調達面で有利になる点もあるということです。

次に、節税など税金面でのメリットです。個人事業の所得税は累進課税となっているため、所得が増えるほど税率は高くなっていきます。これを法人税との兼ね合いで見ますと、年間の所得がだいたい500万円を超える程度になると、法人のほうが税金面で有利になります。税金以外でも、法人ならば経費として認められる幅が広がります。また、個人事業では簡単ではない、家族を従業員として雇うことによる経営者の所得税、住民税の節税も法人なら容易です。

従業員という面では、他人を雇う場合でも個人よりも法人のほうがより多く、優秀な人材が応募してくる傾向があると言われます。それは応募する側も信頼度の高さを意識しているからです。人材確保の面でも有利になり得ます。ただし、社会保険の加入義務や事務負担の増加など、負担もあることを念頭に置いて法人化しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。