個人事業主が法人化するメリットと将来性

個人事業主が法人化することによって多くのメリットが生まれます。もちろんそのためには多くの資金を必要とすることになりますが、将来性を考えると検討する価値は非常に大きなものです。

最も大きなメリットは税金面に関することです。個人事業主の場合には、所得税が課せられることになります。これは累進課税という形を取るために、所得が増えるごとに税率も高まることになります。それに対して法人税の場合には税率は所得に関わらず一律となることから、かなり負担は減ることになります。そして個人事業主として加入する健康保険や国民年金は負担が大きいものですが、法人となれば社会保険に加入できるようになります。家族の保険料を考えるとかなり負担は減ることになります。
その他にも様々な控除ができることや、退職金を受け取ることができるようになるなどメリットは多くあります。

一方で仕事をする上でも利点は沢山あります。まず取引先を開拓する上では、社会における信用という面で大きく利点を得ることになります。信用を得ることによって、金融機関からの融資も受けやすくなります。その結果、事業を拡大させることにもつながりますし新たに人材を獲得することもできます。

このように法人化によって事業の幅が広がると共に売り上げの拡大につながる機会が増えることになります。その分責任も増えることにはなりますが、どのような業種においても競争の原理がある以上はこのような機会を得ることは大切なことだと言えるでしょう。個人事業主のサポートサイトには、効率良い法人化の進め方や節税効果なども記載されています。参考にしてみると勉強になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です